学校案内スクールライフ教育案内入学案内部活動公益情報
スクールライフ

体育祭

体育祭

 

 綱引き・100メートル走・クラス対抗リレーなど中心に、毎年白熱した競技が展開され、クラス順位を競う。

 

社会見学

社会見学(横浜)

 

 本校では1964 年より大型バスを導入し、校外での授業展開を実施している。 社会見学は、あくまでも校内での授業の延長(移動教室)である。社会見学は,観光を目的としているのではなく、校外での礼儀・作法・一般常識を身につける総合教育の場なのである。また,生徒の積極性を養い特性を発揮し、教師と生徒との心の結びつきを深めることができる貴重な教育の機会である。

 見学地は、各年度の行事や資料館、博物館などを対象に選定される。見学地は校外ということで、生徒にとっては集団行動の学習に最適な機会である。社会見学での原則は、常に5分前集合であり、現地では班行動をとる。班においては班長、クラスにおいては正・副委員長が責任をもって行動し、生徒のリーダーシップの養成と責任感の育成に役立っている。本校のスクールバスは,生徒の隠れた特性を伸ばすためにも、バス内の設備の充実には常に心がけている。DVDを搭載しており、車内での充実した研修を図っている。

  • 1学年・・・横浜
  • 2学年・・・大学見学・東京スカイツリー・防災レンター

修学旅行

修学旅行

 

 クラス内の親睦を深め、高校3年間の良き思い出を残す修学旅行。行き先は1988年度から北海道し、2005年度シンガポール、2011年度よりオーストラリア。

 

夏期研修

夏期研修

 

【目的】

 夏期研修は、1956年から心身の修練を主とした集団生活を通して友情を深め、団結心を養い、規律ある行動を修得させることを目的として実施されている。以来、毎年校内およびその他の施設を利用し、2泊3日の研修を行っている。全員参加が原則であり、卒業資格の一つとなっている重要な行事である。生徒と教職員が寝食を共にすることにより、食べ物の好き嫌いをなくし集団生活の中の個人のあり方を自覚させ、クラスの一員としての協力する心を養わせ、また社会人としての資質を向上させることに効果を上げている。

 

【内容】

    夏期研修飯ごう炊爨
  • 研修中の行動・・・全てクラス単位とし、各種目毎に点数をつけ、優勝を競う。
  • 整列研修・・・集団行動を通じて、規律を守り、敏速に行動できる態度を身につけさせる。整列研修は、夏期研修の中て、最も重要なものの一つである。集団がひとつの単位となって行動する場合、それにふさわしい集団の行動様式、つまり集団の行動を秩序正しく行うための、一定のきまりや約束が必要である。夏期研修では、このきまりを身につけ、どのような状況のもとでも、安全にかつ迅速に行動できる態度の養成を目指している。
  • 夏期研修ウォークラリー
  • 運動競技・・・研修場所に合わせ、競技内容を変え、運動競技を通して、心身の健全な育成を促し、物事に対し公正で、責任ある行動のとれる態度を身につける。
  • キャンプファイヤー・・・盛りあがった雰囲気のなか、印象深い思い出をつくる。
  • レクリエーション・・・クラス対抗で、ゲーム等を楽しむ。
  • 5分前集合・・・研修中は、全て5分前に集合し行動する。
  • 食事・・・出された食事を全部食べることにより、偏食をなくす。

 

富士登山

富士登山

 

【目的】

 富士登山は1965年に始まり、本校教育活動の一貫として現在に至るまで継続している行事である。生徒は、肉体的にも精神的にも厳しい条件のなかで、自分自身が自ら望んで自己の体力と精神力のすべての発揮にあたっている。これは生徒の今後の生活に自信と勇気を植えつけ、貴重な体験となる。苦しみを乗り越えて、文字通り頂に達する喜びは、忍耐と根性を養い、実社会に役立つ有能な人格へと止揚していく。最高峰登頂をなした根性を高く買われて、優先的に就職が決定した例もある。なんといっても、この富士山の山頂に立つ感激は、生徒の一生の良き思い出として残るものである。

 

【内容】

  • 実施期間・・・富士山の登山解禁が7月1日であるため、本校では富士登山は、天候の安定する7月下旬に実施している。
  • 日程・・・日程は上記の通りである。(年によっては違いがあり、7.5 合目で仮眠をとらず5合目から一気に山頂まで登った年もあるが、最近は以下の日程で登頂するようになった。)
  • 隊編成・・・ 1隊約50名編成で構成し、またその中で約5班のグループを作る。
  • 宿泊場所・・・7合目から9合目に宿泊。
  • 生徒持参物・・・余分なものは負担になるだけなので、持参物については特に注意を促している

 富士登山とともに・・・本校の富士登山は1965年に始まり、以後毎年の恒例行事として行われてきている。希望制であるために、150名による3隊編成で登山に臨むなど、その年々に様々な歴史を残しているといえる。しかし、最近では希望者の数も一定してきており、実りある行事となってきている。これには生徒間の富士登山に関する情報交換の効果が大きく、申し込みの期日を待ち望んでいるものが多い。そこで、いったい生徒にとって何が魅力なのか一度聞いてみたことがあるので、そこから少し紹介してみたいと思う。生徒によると、まず「厳しい」というのが第一声に出てくる。では、皆行きたくなってしまうのではないかと考えがちだが、実は第一声にこの言葉が出て、そのあとに楽しい思い出がこぼれてくるので、他の生徒たちも翌年行きたくなってしまうの だと思う。それは、深夜の登頂中にみえるきれいな流れ星や9合目で見える御来光の輝き、そして頂上を征服したときの満足 感が思い出となり、生徒から生徒へ語り続けられている。実は、職員も富士登山の素晴らしさに心酔している者も少なくない。特に、故中村昭教頭先生は1965年より1986年まで一年も欠かすことなくこの富士登山に挑戦している。また、富士登山に関する良い伝統として、クラブ単位の参加がみられる。 現在ではそのようなことも考慮して班編成はクラブの参加を考慮して編成されている。このように数々の支えを一身に受け、本校の富士登山はさらに、充実したものとして、歴史を積み重ねていくことであろう。

学園祭

学園祭

 

【目的】

 本校の学園祭は下記の事項を目的として実施している。

 

意義

  • 本校の重要な教育活動の一環とする。教師は、自ら率先して企画実践にあたり、総合的人間教育の場としてとらえる。
  • 次年度生徒募集の重要な機会であるとの認識をもって、関係の中学生および教職員・父兄に対応すること。
  • 学校の実態と、特色ある本校の学園生活の一切(学習活動・クラブ活動を中 心とした、その他)を、父兄および一般に公開してPR の機会とする。
  • 伝統の上に、近代的感覚の新鮮味を加味して、年毎に生々 発展する本校のイメージを醸成するそのため創意工夫の場とする(コン ピュータの展示・操作等)
  • 師弟共同で実行し作業に当たる間に、生徒の特性(個性)や隠れた能力・技 能の発見や伸長の機会とする。
  • 生徒の出身学校の恩師および後輩にあたる中学生との交流を深める機会とする。
  • 来賓等の訪問に対処して本校への理解と協力を促進する機会とすると同時に、近隣の人々とのコミュニケーションをより深める場とする。

教職員および生徒の対応

  • 教師と生徒が一体となって活動することにより、相互に共感的理解を深め、教師への信頼と生徒間の友情を厚くするムードを醸し出す場をつくるよう努 力する機会とする。
  • 企画立案から諸準備・本番当日の実践、後片付けと反省までの一連のサイク ルを通して、結果よりもその過程を重視し、生徒ひとりひとりに対するきめ 細かい指導に当たる機会とする。
  • 一人一役ということにより、協力ということを身をもって経験させ、とくに 縁の下の力となることの肝要さを理解させる機会とする。
  • 各種の役割を通して対人関係のありかた、接客態度およびマナーを学習し実 習する機会とする。
  • 学園祭のテーマを理解し、テーマと自分の心情との結びつきを考えさせ、現在の自己の位置を理解し、将来への展望と決意を固める機会とする。
  • 来校者の声および声なき声を聞き、学校に対する愛校心と、千葉学芸高校の 生徒としての誇りを持たせる機会とする。

父母への対応・その他

  • 父母等の来校参加により、家庭外での子弟の実態を理解する機会とする。
  • 父母の会バザール等への協力を通して、学校への理解と協力を深める場とする。
  • 生徒を通じて、関係教職員との相互理解と親睦を深める機会とする。
  • 教職員家族の学校訪問の機会とし、勤務に対する理解を深める機会とする。

生徒海外研修

生徒海外研修

 

【目的】

  海外研修により、国際的な視野を広め、国際理解と国際親善を推進する。特に、ギリシア・イタリアの古代文化を訪ねることによ り、歴史や美術への知識を深め、総合的な学業の向上をはかる。ギリシアでは、アルザキオン高校への表敬訪問を予定している。

  西欧文明発祥の地、ギリシア・イタリアで歴史の香り高い文化に触れ、遺跡、美術館などを見学。 バチカン美術館やパルテノン大神殿、ギリシア国立考古学博物館などで著名な美術品の実物に親しむ。

体育実技

体育実技

 

■スキー教室

 ウィンタースポーツの花形であるスキーを学ぶ「スキー教室」 は、1年生の体育実技として実施している。

ここでは、スキー 走行の基礎を学び、スキーの楽しさ、面白さを体得し、マナー を身につけることを目的としている。さらに、いかに自分自身 の力で滑ろうとする積極性を養う点にポイントを置いている。

 

■スケート教室

 1972年度以前は、希望者を募って東京後楽園、箱根等で実施していた。1972年度・1973年度は1年生の体育実技として実施。 1974 年度からは1 年生の体育実技がスキー教室に変わったため、1975年度より2年生の体育実技として下記のように実施されている。1997年度から2000年度まで、スケート教室に代わり船橋ザウスで室内スキー教室を実施し、2010年度からは富士急、2014年度からはアクアリンク千葉で実施している。